プログラミング教育が必修化?小学生から学べるスクールは?

リンクユニット
Pocket

2020年度からプログラミング教育が必修化されるのをご存知ですか?

2020年から小学生、2021年から中学生、2022年から高校生と順次に必修化になるようです。

もうすでに知っていて、家庭でも対策をとっているという人もいるんではないでしょうか?

一方で「プログラミングって何???」という人もいると思います。

レスポンシブ広告

プログラミングとは?

必修になるプログラミング教育とは何?

コンピュータープログラムを体験し、幼い頃からプログラムに触れ、ITに強い人材を育成するための教育です。

なぜプログラミングが必修になるのか?

日本ではここ20年の間で、驚くくらい進化をしてきました。

現在の小学生が大人になる頃には、さらに進化を続けコンピューターでの自動化や遠隔化が当たり前にになっている時代がやってきます。

これから先の社会にはIT力が必要不可欠なのですが、残念ながら現在の日本ではIT力が全く足りていないことがわかっています。

また、自分がしたいと思う活動を実現するためには、どのような動き・組み合わせをすることで自分のしたい活動に近づくかを理論的に考える力プログラミング的思考と言いますが、その『プログラミング的思考』を育てていくことも理由の一つです。

小中学生向けプログラミング【Ⅾ-SCHOOL】オンライン

オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミング D-SCHOOLオンライン



今後重要になってくるプログラミングと英語を同時に学ぶことができるオンラインコースです。

自宅で映像によって安価に学べるため、とても人気です。

《こんな方におすすめ》

●子供のプログラミング学習に興味がある保護者の方

●近くに教えてくれる教室がない

●子供がゲームばかりで困っている保護者

●プログラミング教室の月謝が少々高いと感じている方

子供たちに絶大な人気の「マインクラフト」通称マイクラが学びに変わります♪

【Ⅾ-SCHOOL】オンラインのコース

Ⅾ‐SCHOOLでは、マインクラフトでプログラミングが学べるコースや、英語とプログラミングが同時に学べるコースなどがあります。

マイクラッチJrコース

子供たちに人気のマインクラフトを使ってプログラミング学習に必要な知識やスキルを学習していくコースです。プログラミング学習の土台作り

算数・理科などの要素を勉強っぽさはなくして、エンタメ性のある映像教材で取り入れながら、数理能力や想像力が学べます。

適応年齢 小学校低学年
内容 プログラミング学習の土台作り
期間 12ヶ月(年間通して全12回)

マイクラッチコース

Ⅾ-SCHOOLが独自に作ったソフトで学習を進めていくコースです。

マイクラで実際に出てくるブロックなどを使うため、子供も楽しく親しみを持って学習ができると思います。

最終的に自分だけのダンジョンを作り、実際にパソコン版マインクラフトに反映されるので、達成感が高まりますよ。

また、プログラミングだけではなく文字入力やITリテラシーも養えます。

適応年齢 小学3年生から
内容 プログラミング学習の基本と応用
期間 12ヶ月(年間通して全12回)

※適応年齢を小学3年生からと書きましたが、推奨ですので2年生以下のお子様でも利用できます。

英語&プログラミングコース

英語とプログラミングを使いながら、 ロールプレイングゲームを作っていく新感覚のコースになっています。

毎月届く新しいミッションを完成していき、自分だけのロールプレイングゲームを作っていきます。

ゲーム感覚で英語を使いながら、実践的な英語力を習得することができます。

適応年齢 小学3年生から
内容 ミッションガイドを見ながらミッションをクリアしていく
期間 12ヶ月(年間通して全12回)

14日間の無料お試し体験もできる!

紹介した「マイクラッチJrコース」「マイクラッチコース」「英語&プログラミングコース」は、ゲスト登録をすれば、初回カリキュラムを14日間無料で体験することができます。

まずは気軽にお試し体験をして、検討してみるのもいいかと思います。

Ⅾ-SCHOOLはコチラから👇

↓  ↓  ↓  ↓

D-SCHOOLオンライン



いつもありがとうございます♪

にほんブログ村


アドバイザーランキング

小学生の女の子のタイプ別にオススメのプレゼント10選