出産が近いサインとは?おしるしが来たら陣痛はいつくる?

リンクユニット
Pocket

可愛い我が子にもうすぐ会える!!という嬉しさと、陣痛や出産に対する不安でいっぱいの妊娠後期。

臨月に入ったらなおさら不安がつのっていくことでしょう。

いざ陣痛がきた時に慌ててしまわないように、出産が近いサインを知っておきましょう。

レスポンシブ広告

出産が近づいているサイン

おりものが増える

出産の時、赤ちゃんが産道をスムーズに通れるようにするために、水っぽいおりものが増えます。

頻尿になる

出産近くなると、赤ちゃんが徐々にお腹の下へ下がってきます。そのため、膀胱に圧力がかかり尿をためる量が少なくなってしまいます。

お腹が頻繁に張る

出産が近くなると、本格的な陣痛の準備が始まりお腹が頻繁に張るようになってきます。

お腹が張ってきた時は横になるなど、ゆっくり休むようにして下さい。

胎動が少なくなる

今まで元気に動いていたのに、動きが減ってきたな・・・という場合も出産が近づいてきた可能性があります。

出産が近くなり陣痛が起こる前は、赤ちゃんの頭が骨盤に下りてきます。赤ちゃんは骨盤の中に下りてきたら、あまり自由に動けなくなるので胎動が少なくなるというわけです。

恥骨が痛む

出産が近くなるにつれ、赤ちゃんの頭が骨盤に下りてくるので、赤ちゃんに押されて恥骨がズーンと痛むことがあります。

また、赤ちゃんが下の方に下がってくることで足の付け根を圧迫し、足の付け根や腰が痛む場合もあります。

食欲が出てくる

赤ちゃんが下がってくることで、今まで赤ちゃんに圧迫されていた胃が解放されて、急に食欲が出てくることがあります。

便秘や下痢になる

出産が近くなると、腸が圧迫されるようになり、便秘や下痢になる場合があります。

ママの体質や圧迫の状態によって下痢を起こしやすくなる人と便秘になってしまう人がいるようです。

また、腸が圧迫されることによりガスが溜まりやすくなり、おならが出やすくなります。

お腹が不規則に痛む

臨月になると、少しのお腹の痛みでもドキドキしてしまいますよね。

出産近くなってくると、子宮が不規則に収縮するようになります。これが前駆陣痛です。

本陣痛は定期的な痛みですが、前駆陣痛は不規則な痛みです。

本陣痛の予行練習のようなものですね。

このような出産の兆候には個人差があり、全部の兆候が表れるとは限りません。

出産間近のサイン『おしるし』

おしるし

出産が間近のサインでは『おしるし』があります。

『おしるし』とは、子宮収縮によって子宮口の蓋の役割をしていたゼリー状の粘液栓や、赤ちゃんを包んでいる卵膜の一部が剥がれて粘液と混ざって出てくる出血のことを言います。

色や量はどれくらい?

おしるしには個人差があり、色や量も様々です。

ピンクっぽい色、茶色や褐色などが多いようです。鮮血の赤い場合もあり、ゼリーのような少し粘り気があります。

予定日近くになったら、ナプキンやおりものシートをつけておくと安心です。

量も人それぞれですが、ほとんどは少量です。あまりにも出血が多い場合や月経のように続く場合は異常出血が疑われるため、産婦人科に連絡をしましょう。

回数や陣痛までの期間は?

回数にも個人差があり、何度もおしるしがある人もいれば1度きりの人もいます。また、おしるし自体がない人もいます。

おしるしが来たらすぐに陣痛がくるかといえばそれも個人差があり、おしるしが来た日に陣痛が来る人もいれば、翌日、3日後と様々です。

ですので、おしるしが来たからといって慌てて産婦人科に行かなくても大丈夫です。普段通りの生活をしながら陣痛が来るのを待ちましょう

まとめ

出産が近いサインや、おしるしは個人差があります。また、1人目と2人目でも違ってきます。

私の場合3度出産を経験していますが、出産が近いサインは3人とも少しずつ違いましたし、おしるしに関しては、1人目が破水して早産だったのでおしるしはナシ、2人目はおしるしが来ないまま陣痛が来ました。3人目で初めておしるしというものを経験し、翌日に陣痛が来ました。

このように出産は個人差やその時の状態によって違ってきますので、先ほど述べたサインがなかったり、違ったりしても心配しなくても大丈夫ですよ。

もし何か心配なことがあれば、産婦人科に相談してみて下さいね。

妊活から産後も安心!女性の味方『ベルタルイボスティー』
スウィートマミー♪ママ・プレママのためのボディーケアクリーム
レスポンシブ広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする