授乳中の肩こりは姿勢が原因!授乳クッションで楽に授乳しよう♪

リンクユニット
Pocket

授乳中のママで肩こりがひどい人はいませんか?

意外と多い授乳中の肩こり。

ひどいと頭まで痛くなって、本当に辛いものです。

私も授乳中の肩こりがひどく本当に辛かったのですが、授乳クッションを使うようになってから肩こり知らずになりました。

レスポンシブ広告

授乳クッションは絶対に必要?

出産準備をしているプレママさんは、何が本当に必要なのかいまいちわかりませんよね。

なるべくなら出費を減らしたいから、絶対に必要なものだけを購入したいと思っているママも少なくありません。

授乳クッションは絶対に必要というわけではありません。

実際に授乳クッションを使っていないママもたくさんいます。

でも、授乳をしていると赤ちゃんの重みで腕は痛くなってしまうし、背中を丸めた状態で授乳をするので肩こり・首こり・背中のこり・腰痛を訴えるママがたくさんいるんです。

肩こり・首こり・背中のこりから頭痛になってしまうこともあるんですよね。

私も授乳中は肩こり・首こり・背中のこりがひどくて頭痛も酷くて散々でした・・・

1人目は耐え、2人目も耐え、3人目で耐え切れず授乳クッションを購入。

えー!!こんなに楽だったなら1人目の時から使っておけばよかったと、かなり後悔しました。

授乳クッションは授乳中のママの姿勢を安定させ、赤ちゃんをしっかりと支えることができるので、あると非常に便利です。

授乳クッションの種類

授乳クッションといえばU字型のものを想像する人が多いと思いますが、実は色々な種類があるんですよ。

U字型

授乳クッションで1番多いタイプのU字型は、授乳する時にママの腰につけて使用します。

また、赤ちゃんがお座りを始めた時の補助クッションとしても使えるので人気が高いタイプです。

Cカーブ型

赤ちゃんの背中のカーブに合わせたCカーブの授乳クッションです。

私が現在授乳中なら絶対コレを買う!と思ってしまうほど魅力的なのは、授乳しながら寝てしまった赤ちゃんをそのまま寝かせられるところ!

授乳してせっかく寝た赤ちゃんも、ベッドにおろすと泣いてしまったりするので、そのまま寝かせられるのは本当にママとしては助かるのではないでしょうか。

三日月型

妊娠中から抱き枕として活用できる三日月型。

両端をとめて輪っかにすれば授乳クッションになります。

どんな授乳クッションを選んだらいい?

授乳クッションを選ぶ時、まだ出産準備の段階ではどんなものを選んだらいいのかわからないと思います。

また、すでに授乳していて少しでもママの体の負担を軽減したいと思い授乳クッションの購入を考えているママもどんなものを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

そこで授乳クッションはどんなものを選んだらいいのかを紹介します。

洗濯できるもの

赤ちゃんの肌に密着するものですし、清潔に保ちたいですよね。

赤ちゃんが授乳中に吐き戻してしまうことも結構ありますので、洗濯できるタイプの授乳クッションを選んだ方がいいと思います。

カバーが別売りしているものもありますので、活用するのもいいと思います。

ある程度硬めのもの

クッションが柔いと、赤ちゃんがクッションに沈んでしまいママが前かがみの体勢になってしまうので意味がありません。

中の中綿などがしっかり詰まっていて、赤ちゃんが沈まない程度の硬さがあるものがおすすめです。

授乳クッションおすすめ

dacco

この【dacco】の授乳クッションは、助産師とママの声から生まれたという産科用品専門ブランドの授乳クッションなので、機能はバッチリです。

●クッションに厚みがあり安定する

●へたりにくく形も崩れない

●別売りのカバーがあり、クッション本体も手洗いできる

授乳はもちろん、お座りを始めた赤ちゃんのお座り補助としても使えます。

青葉

トコちゃんベルトでお馴染みの青葉から発売されている、助産師のおすすめ授乳クッションです。

●しっかりした厚みがあり、へたらない

●傾斜になっていて授乳しやすい

●別売りのカバーのみ洗濯できます

あぐらクッションで更に楽々授乳でき、そのあぐらクッションと授乳クッションで簡易ベビーベッドも作れますよ。

エルゴベビー

抱っこひもが大人気の『エルゴベビー』の授乳クッションです。

●高密度で硬めのクッションなので、型崩れしにくい

●正しい姿勢で授乳でき、独自のカーブで赤ちゃんも飲みやすい●カバーは洗濯できる

モニターをしたママの80%が、授乳そのものが改善したと答えているそうですよ。

おやすみたまご

寝かしつけの神アイテムとも言われている、助産師が推奨する「おやすみたまご」です。

●赤ちゃんが快適に過ごせるCカーブ

●授乳中に寝てしまったらそのまま寝かせられる

●クッションは手洗いできる

寝かしつけに苦労しているママには特におすすめの授乳クッションです。

マーナ なかよしおやこクッション コッコ

母乳育児の桶谷式から推奨されている授乳クッションです。

●卵型のクッションで高さ調節できる

●ニワトリの可愛いデザイン

●クッションもカバーも丸洗いできる

リビングに出しっぱなしにしていても可愛いですね。お座り補助としても使えます。

授乳クッションはバスタオルで代用できる?

授乳クッションは一度使ったら手放せなくなるほど非常に便利です。

でも、購入するとなると迷ってしまう人もいると思いますよね。

そんな時はお家にある枕やクッション、バスタオルを使って膝の上に置いてから授乳しましょう。

バスタオルの場合は高さが足りないと思うので、3枚くらいをクルクル丸めて高さを出して下さいね。

まとめ

授乳中の肩こりや首こりなどに悩んでいるママさんは、授乳時の姿勢が原因かもしれません。

そんな時は授乳クッションがあると本当に楽に授乳ができます。

意外と授乳の時期が終わっても、クッションや背もたれとして使ったりもできます。

私は随分前に授乳は終わっていますので、今では足がダルイ時やむくんでいる時に足を高くして寝るための私専用クッションになっています(笑)

授乳クッションで肩こりに悩んでいるママが楽になりますように!!

いつもありがとうございます♪
にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村


アドバイザーランキング

雨の日のベビーカーでの移動はベビーカー用レインカバーが便利!
赤ちゃんが夕方にグズグズ・・・黄昏泣きはいつからいつまで?
レスポンシブ広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする