子供が歯磨きを嫌がってストレスがたまる!歯磨きが好きになる環境を!

リンクユニット
Pocket

歯磨きが好きな子もいれば嫌いな子もいますよね。

歯磨き嫌いな子に歯磨きをさせるのは本当に大変です・・・。

自分の子供には虫歯で痛い思いをさせたくないという親心ですが、毎回毎回泣かれたり逃げてしまう子に歯磨きをさせようとすれば、親の方がストレスもたまっちゃいますよね。

小さいうちから歯磨きの習慣をつけておかないと、大きくなってから後悔してしまいます。

そこで歯磨き嫌いの子をお持ちのママにぜひ紹介したいのが、歯医者さんも推奨の【ムシバイ】というチュアブルです。

レスポンシブ広告

乳酸菌の力で歯を守る【ムシバイ】



歯磨き後のご褒美として食べさせる、チュアブルタイプのおやつです。

子供の大好きなヨーグルト味で、ご褒美を楽しみにして歯磨きを嫌がらなくなります。

この【ムシバイ】をおすすめする理由は?

クリスパタス菌 KT-11

クリスパスタ菌というのは、「ヒト由来」の安全な乳酸菌のことです。

乳酸菌は「動物由来」と「植物由来」に分かれますが、特許技術によって「ヒト由来」という最新の乳酸菌を発見することできました。

このクリスパスタ菌は、細菌の増殖や炎症を抑制する特許成分なので、口内の善玉菌を優位にし、虫歯や口臭を防いでくれる働きがあります。

ですので、歯磨きした後にクリスパスタ菌を摂ることで虫歯予防にもなるんです。

キシリトール配合

虫歯菌の原因となるのは、口の中の『酸』です。

その『酸』を作らないキシリトールが70%も配合されています。

【ムシバイ】は甘くて美味しいのに、カロリーは少なめ!

しかも、甘みで唾液の分泌が促され、歯の再石灰化作用も期待できるんです。

子供向けなので体に優しい成分だけを使用

お子様が毎日口にするので、優しい成分だけを使用しています。

殺菌剤・発泡剤・合成着色料・合成保存料・合成調味料・牛乳アレルゲン・グルテン・糖類・ポリエチレングリコール・刺激・グリセリン・フッ素ナトリウム・発色剤・漂白剤・パラベン

このような成分は配合されていません。

どのように与える?【ムシバイ】の使い方

【ムシバイ】は1日1粒与えます。

口の中の虫歯菌などは、寝ている間に増殖しやすくなっていますので、お休み前の歯磨きの後が最も効果的です。

歯磨きが終わった後に、口の中で噛まずに溶かして食べます。

歯磨きを嫌がっていた子でもご褒美感覚でもらえるから、すすんで歯磨きをするようになった!という口コミもたくさんあります。

歯磨きが上手にできたらご褒美にあげるという習慣をつけるといいですね。

歯磨きを嫌がるから【ムシバイ】だけでもいい?

【ムシバイ】は虫歯菌を退治するものでも、歯を綺麗に磨いてくれるものでもありません。

歯を綺麗に磨いたうえで虫歯を予防するものですので、歯磨きをせずに【ムシバイ】だけでは虫歯になってしまいます。

口コミはどんな感じ?

悪い口コミ

●舐めることができずに噛んでしまう ●歯磨き後以外にも欲しがるようになった ●喉に詰まりそうで怖い

良い口コミ

●毎回嫌がっていた歯磨きを自分からするようになった ●磨き残しの心配が減った ●歯磨きのたびに怒ってストレスだったのに母子共に笑顔で歯磨きをできるようになった

歯磨きをしたらタブレットのご褒美がもらえるので、今まで嫌がって泣いていた子も自分からすすんで歯磨きをするようになったという口コミが1番多かったですよ。

お子さんが小さくて喉に詰まりそうという場合は、小さく砕いて与えるといいと書いてありました。

また、美味しいので目を離したすきにいっぱい食べてしまっていたということもあるようなので、手の届かない場所に保管しておいた方がいいですね

まとめ

歯磨きのたびに嫌がって逃げる子を押さえつけて歯磨きをするというのは、本当にストレスがたまってしまいますし、押さえつけられて歯磨きをされると子供もますます歯磨きが嫌いになってしまいます・・・。

まずは歯磨きを好きになってもらえる環境を整えることが大切です。

歯磨きを好きになってもらうために親子で楽しく歯磨き習慣【ムシバイ】をおすすめします。


いつもありがとうございます♪

にほんブログ村


アドバイザーランキング

小学生で身長を伸ばす方法は?栄養補助食品「アスミール」を紹介!
赤ちゃんを守るサークルは長く使えるサークルマットがおすすめ!
レスポンシブ広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする