妊娠中の足のむくみがひどい原因ってなに?むくみの解消法とは?

リンクユニット
Pocket

妊娠中のむくみは、多くの妊婦さんにとって悩みの種の一つですよね。

むくみとは、余分な水分がたまることで起こってしまう症状です。

足の他にも、手や顔にむくみが出てしまう妊婦さんもいます。

妊娠中には、その他にもむくんでしまう原因があります。

では、妊娠中にむくみが出る原因とはなんなのでしょうか?

レスポンシブ広告

妊娠中はなぜむくみやすいの?

妊娠中のむくみは、妊娠後期に多くみられます。

妊娠後期になると、子宮が大きくなったり生理的なものであることが多いようです。

ホルモンの分泌

妊娠するとホルモンの分泌が大きく変化します。

プロゲステロンというホルモンは、体に栄養を蓄えさせるために栄養が排出しないような働きをしますが、水分や老廃物まで排出を阻止してしまいます。

妊娠するとプロゲステロンが多く分泌されるので、むくみやすくなってしまいます。

血液量が増える

妊娠中はお腹の赤ちゃんに、たくさんの酸素や血液を送るために血液量が増えます。

赤ちゃんにたくさん届けやすくするために、妊娠中の血液はサラサラして薄くなっています。血液が薄くなることで血管の外に染み出しやすくなりむくみが起こります。

また、血液量が急激に増加するので、腎臓の働きが追いつきにくくなってしまい、むくみにつながってしまいます

子宮が大きくなることによる圧迫

お腹の中の赤ちゃんが大きくなるにつれて、骨盤内は圧迫されます。

そして、お腹が子宮が大きくなると、足の付け根が圧迫されてリンパの流れが悪くなってしまうので、むくみやすくなります。

同じ姿勢で長時間いるのもむくみの原因になってしまいます。

血流が悪くなる

お腹の中の赤ちゃんが大きくなることで、血管が圧迫されてしまいます。

血管が圧迫され、血流が悪くなることでむくみやすくなってしまうのです。

運動不足

妊娠後期になると、お腹も大きくなり体が動かしにくくなったり疲れやすくなるので、運動不足になる場合があります。

運動不足になると血流が悪くなってしまうので、むくみが起こることがあります。

妊娠中に注意が必要なむくみ

妊娠中のむくみの原因は、生理的なものがほとんどです。

しかし、注意しなければいけないむくみもあります。

妊娠高血圧症候群

むくみの症状の他に、尿たんぱくが出ていたり高血圧も伴っていれば、『妊娠高血圧症候群』の可能性もあります。

(※妊娠高血圧症候群とは2005年4月以前は「妊娠中毒症」と言われていた)

『妊娠高血圧症候群』は妊娠後期の発症が多いとされています。

『妊娠高血圧症候群』にかかると、子宮や胎盤を流れる血液の量が減り、むくみが起こります。

お腹の赤ちゃんへの影響は?

子宮や胎盤を流れる血液の量が減少するため、胎盤の働きが悪くなってしまいます。

そのため、お腹の赤ちゃんが栄養不足や酸素不足になり、早産や低出生体重児になってしまう可能性があります。

『妊娠高血圧症候群』である場合は、妊婦検診などで指摘を受けると思いますが、心配なときはかかりつけの産婦人科の先生に相談してみて下さい。

妊娠中のむくみを解消する方法

塩分を控える

塩分をたくさん摂ると、体の中の水分量が増えてむくみやすくなってしまいます。

塩分を控えた食事を心がけましょう。

外食などをして塩分を摂りすぎたかも!?というときは、塩分の排出を助けてくれるカリウムを摂りましょう。

カリウムが多く含まれる食べ物は

●海藻類

●フルーツ(スイカ・メロン・バナナ・グレープフルーツなど)

●トマト・トマトジュース

●ほうれん草

●納豆

このようなものです。

カリウムを摂ることで、余分な塩分を尿として排出してくれます。

体を冷やさない

体が冷えてしまうと血流が悪くなり、むくみやすくなってしまいます。

冬場は暖かい服を着て体を冷やさないようにし、夏場でもエアコンが効きすぎていると体を冷やしてしまいますので、エアコンの温度をあまり下げすぎないようにしましょう。

氷入りの飲み物も体を冷やしてしまうので、暖かい飲み物を飲むといいですよ。

また、靴下を履くなどして足を冷やさないようにしましょう。

足湯も効果的ですよ。

足湯について書いていますので、良かったら読んで下さいね。

↓  ↓  ↓

足湯で体全身の冷えを取って健康に!自宅で簡単に足湯をする方法!

適度な運動をする

激しい運動はできませんので、ウォーキングなどの体に負担がかからない適度な運動をしましょう。

足のむくみがひどい場合は、ウォーキングをすることによって足の血流が良くなるのでおすすめですよ。

体調が悪い時は避け、体調が良い日に行うようにして下さいね。

水分を摂る

水分を摂ったらむくみがひどくなってしまいそう・・・と水分を控えるのは間違いです。

体の中が水分不足になると、血液やリンパの流れが悪くなってむくみの原因になってしまいます

一気に飲むのではなく、少しずつの量をこまめに飲むようにして下さいね。

マッサージをする

リンパの流れが悪くなってむくみが起こるので、マッサージでリンパの流れを良くしてあげましょう。

妊娠中は肌が敏感になっていますので、マッサージクリームやマッサージオイルを使ってマッサージするといいですよ。

スウィートマミーオリジナルの美ボディケアシリーズの『ファーミングケアクリーム』は、妊娠中のつらいむくみをケアしてくれるクリームです。

保湿効果があり、撫でながら塗るだけでリンパの流れを促す効果で肌をひきしめてくれるので、とても使いやすですよ。

植物由来成分90%以上使用で、肌がデリケートな妊婦さんにも安心して使うことができます。

詳しくは公式サイトをご覧ください

↓   ↓   ↓   ↓



体を休める

妊娠後期に入っても仕事を続けている人もたくさんいます。

無理をせずに体をゆっくりと休めることも大事ですよ。

仕事から帰ってきても、家事などのすることは山盛りだとは思いますが、手を抜けるところは手を抜いて体を労わりましょう。

まとめ

妊娠中のむくみのほとんどは生理的なもので心配はありませんが、尿たんぱくが出ている場合や血圧が高い時は『妊娠高血圧症候群』の可能性も考えられます。

妊娠中の生理的なむくみは、日々の生活やマッサージで和らげることができます。

それでも強いむくみが続く場合は医師に相談してみて下さいね。

妊娠超初期症状はいつから?症状はPMS(月経前症候群)と似てる?
働くママ必見!産前産後に着まわせるオシャレなオフィススタイル♪
レスポンシブ広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする