赤ちゃんをお風呂に1人で入れるコツと、便利なグッズとは?

リンクユニット
Pocket

まだ歩くことのできない赤ちゃんを、1人でお風呂に入れるのって大変で難しいですよね・・・

協力してくれる大人がいればいいのですが、パパの帰りが遅かったり出張などでママ1人でお風呂に入れなくてはいけないこともあると思います。

そんな時に、スムーズに入れることができるように、1人でお風呂に入れる時のコツを紹介したいと思います。

レスポンシブ広告

お風呂に入る前に準備すること

●赤ちゃんの着替え一式

赤ちゃんの着替えはウェア・肌着・オムツを重ねて広げてからセットし、着替えさせる場所に準備しておくとスムーズです。横に保湿クリームやお茶も準備しておくといいですよ。

●赤ちゃんのバスタオル

●ママの着替え

●ママのバスタオル

●必要であればバウンサーなど

入れ方のコツ

赤ちゃんと一緒の時は長湯は禁物です。

赤ちゃんはのぼせやすいので、トータルで15分くらいにしておきましょう。

ママの頭・体を洗う

《赤ちゃんを脱衣所で待たせておく場合》

まだ首が座っていない赤ちゃんの場合は脱衣所で待たせておくと、ママはスムーズに頭と体を洗えます。

その時は赤ちゃんをバウンサーなどに寝かせ安全を確認してから、浴室のドアを少し開け、赤ちゃんからママの姿や声が確認できるようにしておくと安心です。

《赤ちゃんを浴室で待たせておく場合》

寝返りを始めたり動き回れるようになった赤ちゃんは、脱衣所で待たせておくと逆に危険なことも増えてきます。

一緒に浴室で待たせておく場合は、バスチェアがあると非常に便利です。

バスチェアを選ぶポイントは?おすすめバスチェア5選

赤ちゃんの頭・体を洗う

まだ首が座っていない赤ちゃんは、ママの太ももの部分に赤ちゃんを寝かせて洗うと洗いやすいですよ。

首や腰が座ったら、ママの膝の上に抱っこして洗ってあげるといいでしょう。

石鹸で滑りそうで怖いというママは、寝かせたり座らせたまま洗えるようなバスチェアを選ぶといいと思います。

※赤ちゃんを洗う時は、シャワーの温度や水圧に十分注意しましょう!

湯船につかる

赤ちゃんを抱っこして湯船につかります。

ママは物足りないかもしれませんが、赤ちゃんがのぼせてしまわないように、長湯は避けて下さい。

お風呂から上がり着替える

準備していたバスタオルで赤ちゃんを軽く拭き、バスタオルでくるんでおきます。

その間にママが体を拭きます。

ママの体を綺麗に拭いたら、赤ちゃんをくるんでいたバスタオルでしっかり拭いて、セットにして準備していた着替えの上に寝かせ保湿クリームを塗ります。

赤ちゃんは乾燥しやすいので、しっかり保湿してあげましょう。
赤ちゃんの乾燥肌対策にはアロベビーミルクローション♪

オムツをつけ着替えさせたら、ママも服を着ます。

ママが体を拭いてから赤ちゃんの着替えをさせている間は、ママが湯冷めをして風邪をひいてしまわないように、バスローブを羽織っておくのがおすすめです。

↓  ↓  ↓


育児ママ用バスローブ

育児ママ用に設計されたバスローブは、子育て真っ最中のママに重宝するバスローブです。

1人でお風呂に入れているママは、自分を犠牲にして裸でバタバタしちゃっているという人も多いんじゃないでしょうか?

私も子供たちが小さい頃は、1人でお風呂に入れていたため裸で行ったり来たりしていました。

バスタオルを巻いてもずれ落ちちゃうし、自分がパジャマを着る前に子供の着替えなどを終わらせてしまおうと結局裸のままになってしまうんですよね。

この『育児ママ用バスローブ』は、今治産のため吸収力抜群でサッと羽織るだけでいいので本当にいいと思います。

育児ママのために設計されているので、バスローブを着たまま洗い物ができるように袖をまくったまま留められるようになっていたり、長時間着ていても着心地が良いような素材を厳選しています。

素材と機能にこだわった育児ママ専用バスローブ

↓  ↓  ↓  ↓



まとめ

1人でお風呂に入れるというのは、経験した人しかわからない大変さがあります。

私が1人でお風呂に入れるという経験をしてきて思った『あると便利な物』は、バスチェアバスローブだと思います。

最初のうちは本当に大変ですが、少しずつ入れやすい方法を見つけられると思います。

赤ちゃんとのスキンシップを大切に、最適なバスタイムになりますように!

いつもありがとうございます♪

マタニティー・授乳服は2019新春福袋でお得に買っちゃおう!
鼻水吸引器は吸引力が耳鼻科レベルの【メルシーポット】がおすすめ!
レスポンシブ広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする