切迫早産になりやすい人の体型は?体質も関係したり繰り返すって本当?

Pocket

お腹の中ですくすく育っている赤ちゃん。元気にお腹が動くのにも幸せを感じちゃいます。

そんな時、いきなり医師から『切迫早産』と言われたら不安で仕方ありませんよね。

私には3人子供がいます。

実は3人とも切迫早産で、当時、産婦人科の先生に体型や体質が原因かもしれないということを告げられました。

切迫早産には、なりやすい体型や体質がありますので、その特徴や、切迫早産は繰り返すのか?ということをお話ししていきたいと思います。

妊娠中に切迫早産になりやすい人の体型や特徴

切迫早産になりやすい人やお腹が張りやすい人の特徴はいくつかあります。

◆体型がやせ型である

やせ型のママは母体に蓄える栄養が不足しがちです。

もともと食が細かったり、食事制限をしていると赤ちゃんに栄養が十分にいきわたらず低栄養になってしまいます。

◆喫煙している

妊婦さんじゃなくても健康に害を及ぼすと言われているタバコ。

喫煙によって低体重の赤ちゃんが産まれてきたり、流産や早産の原因になるということは妊婦さんなら知っていると思います。

喫煙することによってお腹の赤ちゃんの発育不全を招くこともあります。

◆上の子が早産で生まれた・切迫早産になった

上の子が早産で産まれた場合や切迫早産になってしまった場合は、2人目以降も切迫早産になりやすい傾向にあります。

しかし、必ずなるというわけでもありません。

◆子宮頸管無力症

妊娠中期に陣痛がきているわけでもないのに、子宮口が開いてしまう状態をいいます。

◆その他の原因

絨毛膜羊膜炎などの感染症にかかったり、子宮筋腫や子宮奇形などの子宮に異常がある場合も切迫早産になりやすいと言われています。

 

以上のような特徴がありますが、理由は原因不明と言われる人も結構多いそうです。

何か病気が見つかった場合でない限り、医師によっては、「はっきりとした原因なんかわからないんだよ」と言う先生もいるし、妊婦さんの日常生活でこれが原因じゃないかな?と言う先生もいて、それぞれです。

私も最初に診断を受けた時は、「何が原因かは今のところわかりません」と言われました。

実際に原因不明と言われる妊婦さんが多いなか、その多くは「おそらく体質でしょう」と告げられているそうですよ。

切迫早産の症状や兆候はどんなもの?

まず、切迫早産とはどんな症状や兆候があるのかをお話しします。

お腹の張りが頻繁に起こる

切迫早産ではなくても、お腹の張りは多くの妊婦さんが経験するものです。

しかし、安静にしていても治まらない、頻繁に張るという人は注意が必要です。

私は頻繁に張っていて、切迫早産と診断される頃はずっと張っていました。

下腹部痛がある

お腹の張りを伴う下腹部痛や、安静にしていても強くなるような痛みの場合は、子宮収縮が起こっている可能性もあります。

不正出血がある

本来なら出産間近におりものに混じったような出血の『おしるし』というものがありますが、まだ出産の時期ではない時にそのような不正出血がある場合は、切迫早産の可能性が高いです。産婦人科に相談しましょう。

私の3回の切迫早産体験談

①長男

私は長男を妊娠中、切迫早産になりました。

当時の私の体型は小柄でやせ型だったので、産婦人科の先生にも子宮が小さめだね~と言われていました。

初妊婦だったため、常にお腹が張っていたのに、お腹が張るというのがどういったものかわからず、先生に「ずっと張っています」と伝えることもありませんでした。

妊婦さんはみんなこんな感じだと思っていたからです。

きっと初妊婦さんだと、同じ様な人は結構いるのではないでしょうか?

仕事も休んで安静にしていましたが、結局長男は早産の未熟児で産まれてきてしまいました。

 

②次男

2年後に次男を妊娠。

妊娠中の張りが酷く、前回の出産が早産だったので子宮収縮抑制剤を使用しながら様子をみていましたが、妊娠7ヶ月くらいで切迫早産になってしまいました・・・。

入院までは至らず、自宅で安静に過ごし、お腹が張ったら横になるという生活をしていたところ、少し早めの出産でしたが早産にはならずにすみました。

 

➂長女

その3年後に長女を妊娠。

産婦人科の先生も、上2人が切迫早産だったのでかなり慎重にしてくださいました。

次男の時と同様、子宮収縮抑制剤を使用しながら様子をみて過ごしました。

当時、1日立ち仕事や動き回る仕事だったので、少し無理をしていたのでしょう・・・子宮収縮抑制剤を使用していても、やっぱり妊娠7ヶ月で切迫早産に!!

「安静に」と言われたにもかかわらず、3人目だから、そして上の子たちの時より私も少しふっくらしていたので油断して、仕事は休めずに行っていました。

お腹がカチカチに頻繁に張り痛むこともあり、次第に頻繁に張るというよりもほとんど張っている状態になってしまいました。

病院で「もう出てくるよ!!」と怒られてしまい、「絶対安静」で必要な時以外は横になってすごして下さいと診断されました。

産休を早めにとり、薬の量も増え、実家に帰省してずっと寝ていました。

ずっと寝ているというのはどんな感じだったかと言いますと、トイレと食事やお風呂など必要な時以外ずっと布団で横になって過ごした感じです。

そのかいあってか、長女は出産したのは、早産どころか予定日を過ぎちゃいました。

 

このように私は、3人とも切迫早産だったのですが、私の切迫早産の原因は

●体型

●仕事内容

●上の子が早産だった

こういうところが原因だったんじゃないかな?と後に先生から告げられました。

3回の切迫早産を経験して感じたことは

◆安静と言われたら、お腹が張った時は横になれる環境で過ごした方がいい

◆仕事内容が立ち仕事や動き回る仕事なら、変わってもらったり、時間を短縮した方がいい

◆早めに産休を取れるなら取った方がいい

以上のようなことです。

※あくまでも、私の切迫早産の状態での個人の感想です。

切迫早産は繰り返すの?

上の子の時が切迫早産だった場合、私のように繰り返すことがあるようです。

ですので、上の子の妊娠中に切迫早産になった経験がある場合は、慎重に注意して過ごした方がいいですね。

出産すると体質も変わったりして、下の子の時は全く平気だったという人もいますし、逆に上の子の時は全然平気で、下の子で初めて切迫早産になったという人もいます。

まとめ

切迫早産になりやすい人の特徴やをお話しましたが、やはり自分の体を常にチェックして、少しでもおかしいな?と思ったり気になることがあれば、早めに医師に相談することをおすすめします。

また、なりやすい特徴に当てはまらない人でも、妊娠中に頻繁にお腹が張るという人は医師に伝えておくのがいいと思います。

切迫早産の予防にトコちゃんベルトを勧められている産婦人科が多いので、気になった方はチェックしてみて下さいね。

トコちゃんベルトが産婦人科で勧められている理由👇
トコちゃんベルトで切迫早産を予防!予防できる理由とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です