花粉の季節の布団干しはどうする?花粉シーズンでもフカフカ布団!

リンクユニット
Pocket

花粉の季節になると、布団を天日干しできない!と嘆いてはいませんか?

天日干ししてフカフカの布団に寝たいと思う人もいるでしょうし、ダニが気になるから何とかしたい!という人もいることでしょう。

布団は定期的に湿気を逃がしてあげないと、カビやダニの原因になってしまうので、花粉シーズンでも湿気を逃がしてあげる対策をとりましょう。

レスポンシブ広告

カビの布団で寝ると体にどんな影響がある?

想像しただけでも体に悪いのはわかりますよね・・・。

カビは見た目でも汚いと感じてしまいますが、見た目よりも厄介なのがカビの胞子です。

そのカビの胞子を吸い込んでしまうと体には悪影響です。

では、具体的にどのような健康被害があるのでしょうか。

呼吸系の病気

●喘息

●気管支炎

●呼吸器アレルギー

肺の病気

●肺炎

アレルギー

●アレルギー性鼻炎

●アトピー性皮膚炎

ザっとこれらが挙げられますが、その他にもたくさん影響があるでしょう。

ダニが繁殖しやすい環境

ダニは高温多湿を好みます。

温度は25℃前後、湿度は65%以上で繁殖します。

ダニが繁殖して生きていくにはエサも必要です。

ダニのエサになるものは、人間の垢やフケ、食べ物の食べカスです。

布団を湿気がこもったままにしておくと、ダニの住みやすい絶好の環境になってしまうんですね。

ダニがいる布団で寝ると・・・

ダニに刺されて全身強い痒みに襲われます。それだけではありません。

ダニはハウスダストの元になりますので

●アレルギー性鼻炎

●喘息

●アトピー性皮膚炎

などのアレルギーの病気になってしまったり、最悪の場合は感染症にかかり死に至るということもあります。

清潔な布団を保つために

◆定期的に湿気を逃がす

◆日光消毒する

◆ホコリやチリは落とす

そのためには、こまめに天日干ししなければいけません。

花粉シーズンで外に干せない!!という人は、布団干し袋を使うと花粉・黄砂・ホコリ・排気ガスなどをブロックしてくれるので、安心して外に干すことができます。

花粉ガード ふとん干し 袋 洗濯 清掃 花粉ガード ふとん干し袋 1枚入 花粉ガード ふとん干し袋 シート 花粉症対策 ふとん ベッド 梅雨 ダニ 掃除機 布団クリーナー スタンダードモデル ダニ ハウスダスト対策

ふとん干し袋 洗える 出し入れ簡単 ( 布団干し袋 ふとん 洗濯 屋外 ベランダ ファスナー 出しいれ 布団 布団干し ふとん干し )【5000円以上送料無料】

個人的には洗える布団干し袋をおススメします。

もう一つは『布団乾燥機』です。

日光消毒はできませんが、外に干す手間が省け雨の日にも重宝します。

私のオススメはアイリスオーヤマの「カラリエ」です。

KFK-C2-WP アイリスオーヤマ ふとん乾燥機 パールホワイト IRIS カラリエ

2枚の布団を同時に乾燥できるツインノズルもあります。

KFK-W1-WP アイリスオーヤマ 布団乾燥機 IRIS ふとん乾燥機 カラリエ ツインノズル

アイリスオーヤマ布団乾燥機『カラリエ』を1年使ってみた結果!

こちらでカラリエのレビュー記事を載せています♪

まとめ

布団に湿気がこもったままにしていると、健康に影響が出てしまいます。

花粉シーズンでも布団干し袋や布団乾燥機を上手に使って、布団を清潔に保ちましょう!!


いつもありがとうございます♪

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村


アドバイザーランキング

足の臭いが取れない人は間違った洗い方をしているかも!!