夏の肌は疲れている??くすみを取る方法♪

リンクユニット
Pocket

こんばんは。tomoです 😛

日焼け対策はしているのに、化粧を落としたら・・・ん?

日焼けはしていないけど何だかくすんでる??それにどことなく疲れた感じの肌・・・

夏の日差しは思った以上に肌にダメージを与えます。

レスポンシブ広告

夏の肌にダメージを与える3つのもの

紫外線が強くなってくるのは、5月くらいから夏がピークと言われています。

紫外線は日焼けによるシミ・シワを作り、肌を乾燥させてしまいます。

紫外線の他に、夏ってたくさん汗をかきますよね。その汗は一見潤っているように見えますが、実は肌のバリア機能を壊してしまうんです。バリア機能が壊れた肌は、乾燥や炎症を引き起こしてしまうんです。

そして、エアコンは肌の水分を奪って乾燥させます。

この紫外線エアコンの3つが肌にとてもダメージを与えているのです。



ダメージを受けるとどのようになってしまうのか。

紫外線・汗・エアコンによって乾燥してしまった肌は、キメが乱れコラーゲンなどが不足して、毛穴が緩くなってしまいます。

キメが乱れ毛穴が緩くなってしまった肌は、とても疲れたように見えてしまい、キメが乱れた肌はくすんで見えてしまいます。

夏はお風呂上りに化粧水をつけるのもベタベタした感じで、ササッとしかつけない人も多いんじゃないでしょうか?

夏こそたっぷり保湿してあげなければいけませんね。

夏の疲れた肌におすすめなスキンケア

◆コーセー 薬用雪肌精

KOSE/コーセー 雪肌精 ローション & エマルジョン (IBFA)

価格:6,048円
(2018/9/30 15:56時点)


根強い人気の『雪肌精』

ハトムギ・トウキ・メロスリアなどの和漢植物配合で、水のようなサラッとした使用感で夏にピッタリです。

またキメを整えてくすみのない透明感のある肌に導いてくれます。

◆資生堂 HAKUメラノフォーカス(美容液)

【あす楽】資生堂 HAKUメラノフォーカスV 45g【送料無料】

価格:8,550円
(2018/9/30 15:59時点)


研究を重ね、リニューアルのたびに進化を続けてきた人気の高い美白美容液。

シミと血管の関係に着目し、誰もが満足するシミ予防ができる美容液です。

くすみをとる方法

夏の肌は乾燥によってキメが乱れてくすんでしまいます。

そのため、保湿効果の高い化粧水を使い、しっかり保湿することによってくすみのない肌になります。また、美白効果のある美容液などを使うとさらにくすみのない白い肌になります。

化粧水の付け方は、パタパタと叩いてしまうと、ダメージを受けている肌によくありません。

手のひら全体で包み込むように優しくハンドプレスしてあげましょう。化粧水は重ね付けするのが理想です。

まとめ

夏の肌は想像以上に疲れています。

夏こそたっぷりの保湿を心がけて、キメの整ったくすみのない肌をめざしましょう!!



日焼けの赤みを抑える方法は??
海でも落ちないメイクのコツ♪
レスポンシブ広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする