手足口病ってどんな病気?保育園は休ませないとダメ?

リンクユニット
Pocket

保育園や幼稚園など、集団生活をしていれば避けられないのは感染病ですよね・・・。

「手足口病」も主に夏に流行する感染病の一つです。

感染病にかかってしまったら、保育園や幼稚園をお休みさせることになりますし、休ませる基準やいつまで休ませたらいいものなのかも悩んでしまいますよね。

今回は「手足口病」とはどんな病気なのか、保育園や幼稚園は休ませるべきなのかなどの登園基準をお話ししたいと思います。

レスポンシブ広告

手足口病とは?

夏に流行する『手足口病』は、5歳未満の小児にかかりやすい病気です。

原因のウイルスは、「エンテロウイルス」と「コクサッキーウイルス」で、いくつかの型があるので、1度感染してもまた何度もかかる可能性があります。

ごくまれに大人にも感染します。

手足口病の症状

手足口病という名前通り、手・足・口に発疹ができる病気です。

手は手の平やひじ、足は足の裏や甲、ひざなどにできやすく、口の中は口の中の粘膜や舌、歯肉、唇の内側に水泡性の発疹があらわれます。

お尻の周りにもあらわれることもあります。

発熱はしても高熱まではいかず、37度台であることが多く、腹痛や鼻水などの風邪に似たような症状があらわれることもあります。

口の中にできた発疹は破れると傷むので、食欲が落ちたり痛くて飲み込めないのでよだれが増えることもあります。

症状が治まっても、感染してから2~4週間は便の中にウイルスも一緒に排出され、感染源になるので注意が必要です。

手足口病の感染経路と潜伏期間

手足口病の感染経路は3つあります。

飛沫感染・・・感染者の咳やくしゃみと一緒に出たウイルスを吸い込むことで感染

接触感染・・・感染者が触れてウイルスが付着したものを触り、その手で目・鼻・口に触れることによって感染

経口感染・・・感染者の便に触れた手をウイルスまで十分に洗い流さずに顔付近を触れることによって感染

保育園や幼稚園などの集団生活によって感染することが多く、潜伏期間は3~6日です。

子供が手足口病にかかった時のホームケア

家ではどのようなケアをすればいい?

手足口病にかかってしまったら、手足よりも口の中をひどく痛がることがあります。

飲み込むと痛いですし、発疹が潰れたら口内炎になるので、しみて痛みます。

大人でも口内炎が1つでもできると、痛くて食べるのが憂鬱になってしまいますよね。

しみそうな食事やオレンジジュースなどの刺激になるようなものは避け、のどこしの良いものを食べさせてあげましょう。

それでも食べたがらない時は、噛まずに飲み込めるようなゼリーやプリンなどを食べさせてあげるといいと思います。

飲み物も嫌がる場合があるので、スプーンなどで少しずつ水分を摂るなどして脱水症状にならないように注意して下さいね。

病院ではどのような治療をする?

受診は必要ですが、自然治癒するため特別な治療はしません。

ただし、症状がひどい場合や口の中の痛みがひどく食事がとれないような場合は、症状に合った薬を処方されることもあります。

手足口病に感染した時の登園について

手足口病に感染したら保育園は休ませる?いつから登園できる?

手足口病での登園の基準は、園によって異なります。

感染症にかかると、治った時に病院で登園の許可(登園許可証)が必要ですが、それも園によって異なりますので、通っている園に確認しましょう。

手足口病は症状の重さが異なります。

比較的発疹だけで軽くすむ子もいれば、発熱があり食事もとれないような重い子もいます。

園で休みの日数などの決まりが特別なければ、症状が回復し元気が良ければ登園しても構いませんが、発熱していたり食事がとれない場合は休んで安静に過ごしましょう。

手足口病の予防法は?

手足口病は有効なワクチンがないため、予防接種はありません。

予防するなら普段の生活の中で、手洗いを徹底するということになります。

手足口病は2~4週間は便からウイルスが排出されますので、オムツ交換の後は石鹸でしっかりと手洗いをするようにしましょう。

手足口病でひきおこる合併症はある?

比較的軽症の場合が多い手足口病ですが、まれに「急性髄膜炎」や「急性脳症」などの合併症を引き起こしてしまうことがあります。

高熱が続いたり、頭痛や嘔吐などの症状が見られグッタリしている場合は、必ず受診して下さい。

まとめ

手足口病は、手・足・口などに発疹ができる病気です。

通常は軽くすむことが多いのですが、まれに酷くなったり合併症を引き起こしてしまうことありますので、しっかり様子を観察し、少しでも様子がおかしいと思った場合は受診しましょう。

登園の基準は園によって異なりますので、手足口病にかかったら園に相談するといいでしょう。

乳児湿疹の原因とケア【ドルチボーレ】で肌トラブルを改善しよう!
レスポンシブ広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする