乳児湿疹の原因とケア【ドルチボーレ】で肌トラブルを改善しよう!

リンクユニット
Pocket

赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、ちょっとしたことでトラブルを起こしてしまいます。

生後2~3週間くらいから多くみられる赤ちゃんの顔などにできる湿疹の総称のことを乳児湿疹といいます。

乳児湿疹は多くの赤ちゃんが経験すると言われていますが、正しいスキンケアをしていれば綺麗に治ることがほとんどです。

乳児湿疹の原因や症状、対処法やスキンケア方法を紹介していきたいと思います。

レスポンシブ広告

乳児湿疹とは?

「アトピー」や「おむつかぶれ」というように病名と思われがちですが、『乳児湿疹』とは生後2~3週間くらいの小さい赤ちゃんから起こる肌トラブルである湿疹を全部まとめて『乳児湿疹』とよんでいます。

乳児期の早いうちは、湿疹ができる皮膚疾患はたくさんあるので、どの皮膚疾患であるかの区別がつけにくいので『乳児湿疹』と診断されます。

乳児湿疹の原因は?

乳児湿疹の原因はいくつかあり、月齢で変わることもあります。

《生後3か月くらいまで》

生後3か月くらいまでの産まれて間もない赤ちゃんは、ママのお腹の中にいた時の女性ホルモンの影響で皮脂の分泌が盛んですになることが原因であることがほとんどです。

皮脂の分泌が盛んなために、毛穴や皮脂腺に脂がたまりやすく湿疹ができやすいのです。

《生後3か月くらいから》

皮膚の分泌が盛んだった赤ちゃんも、生後3か月を過ぎると皮膚の分泌は急激に減っていきます。

そのため多くは肌の乾燥から皮膚バリアが低下していることが原因です。

乳児湿疹の主なものには何がある?

乳児湿疹と呼ばれている湿疹には次のようなものが起こりやすいと言われています。

●乳児脂漏性湿疹

●あせも

赤ちゃんのあせもの原因と症状!あせもの時のホームケアはどうする?

赤ちゃんのあせも予防は普段のケアが大切。しっかり保湿ケアを!

●接触性皮膚炎

●アトピー性皮膚炎

アトピーと診断された!!どのように生活環境を見直しをしたらいい?

アトピーと診断された!!どのように生活環境を見直しをしたらいい?

●おむつかぶれ

病院へ行く目安は?

多くの乳児湿疹は、症状が軽いうちに正しいホームケアをしていれば徐々に改善されます。

しかし、ひどく痒がる時やかき壊してしまった時、炎症がひどくただれている時には受診して症状に合った薬を処方してもらって下さい。

対処法と正しいスキンケア

乳児湿疹ができてしまった時は、清潔と保湿を心がけて下さい。

また、普段から清潔と保湿といった正しいスキンケアを心がけていれば予防にもなります。

衣類

赤ちゃんは汗っかき。

汗をかいたらこまめに着替えさせて下さい。

赤ちゃんが直接身に着けるものは、常に清潔にしておきましょう。

保湿性と吸湿性に優れているコットン(綿)100%がおすすめ。

洗濯

赤ちゃんが着る肌着や洋服、寝具やタオルなどの洗濯にも気を使いたいものです。

そこで赤ちゃんの衣類を洗濯するときの洗剤選びで気をつけたいポイントをあげます。

①蛍光増泊剤が含まれていないもの

市販の洗剤には衣類を白くするために蛍光増泊剤が含まれています。赤ちゃんには刺激が強いので蛍光増泊剤が含まれていないものを選びましょう。

②合成界面活性剤が含まれていないもの

合成界面活性剤とは主に石油成分から化学合成で作られたものです。

洗浄力が強く汚れ落ちも良いのですが、その反面、洗浄力が強いため赤ちゃんの肌には刺激が強いのです。

➂人工的な香料が使われていないもの

大人にとって香りを楽しむための香料ですが、これもまた赤ちゃんには刺激が強く、肌荒れを起こしてしまうことがあります。

このようなことに気をつけて洗剤選びをするといいでしょう。

また、赤ちゃんに柔軟剤は必要なのか?と迷っているママもたくさんいます。

柔軟剤は衣類やタオルをフワフワに仕上げてくれるので、赤ちゃんに使った方がいいように思われます。

しかし、洗濯の工程で柔軟剤は仕上げ剤として使うので、すすぎがないため柔軟剤の成分が残ってしまいます。

柔軟剤には添加物が入っており肌荒れの原因となりやすいので、柔軟剤は使わない方が無難です。

ドルチボーレの天然由来成分100%!赤ちゃんと自然にやさしい万能洗剤は、余計な成分が含まれておらず、赤ちゃんの肌のことを考えた無添加洗剤です。

薄めれば食器洗い、野菜や果物の汚れ落としにも使えるほど安全な洗剤です。



お風呂

肌を清潔に保つためにも、1日1回石鹸を使って皮脂や汚れを落としてあげましょう。

肌荒れしている時に石鹸を使ってもいいの?と不安になってしまうかもしれませんが、石鹸を使ってしっかり皮脂や汚れを落として清潔にしてあげることが改善につながります。

1日に何度も石鹸を使って洗うのは、乾燥の原因になってしまうので1日に1回を目安にします。

タオルなどでゴシゴシ擦るのも、肌を傷つけたり乾燥してしまいますので、ママの手で泡立てて泡で洗うような感じで優しく洗ってあげて下さいね。

シワやくびれの間も綺麗に洗ってあげましょう。

洗い流す時はぬるめのお湯で、石鹸成分が残らないようにしっかり洗い流します。

ベビーソープは無添加・無香料の低刺激性のものをおすすめします。

赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》は、潤いは残しながら汗や汚れをしっかり洗い流してくれるベビーソープです。

もちろん無添加で余分な成分は配合されていません。

泡で出るから泡立てる手間がはぶけ、頭から体まで全身洗うことができますよ。



保湿

肌が乾燥した状態だと皮膚バリアが低下してしまい、皮膚バリアが低下していると、様々な湿疹を起こしやすくなってしまいます。

保湿されていない皮膚バリアが低下している肌は、外からの刺激を受けやすく湿疹やアトピーの原因にもなってしまうのです

ですので、保湿をして皮膚のバリア機能を正常に保ってあげることが大切です。

《保湿剤の選び方》

保湿剤にはたくさんの種類があって迷ってしまいますよね。

●無添加のもの

●低刺激のもの

●余計な成分が含まれていないもの

●伸びが良く浸透しやすいもの

このようなものを選ぶといいと思います。

《保湿剤の塗り方》

基本的に朝・昼・夜の1日3回保湿するのが理想です。

顔などカサカサしやすい部分は、乾燥してきたかな?と思ったらこまめに塗ってあげるといいでしょう。

ベッタリと塗るのではなく、薄く伸ばして塗ってあげて下さいね。

ドルチボーレ ミルキーベビーローションは、肌の水分と油分のバランスを整えてくれる無添加で高保湿のベビーローションです。

赤ちゃんの肌トラブルが改善されたという口コミもたくさんある人気の保湿剤です。



まとめ

赤ちゃんの乳児湿疹についてお話ししましたが、多くの乳児湿疹は自宅でのケアで改善されることがほとんどです。

また、湿疹にならないように予防することも大切です。

普段のケアで清潔・保湿を心がけてあげましょう。

赤ちゃんや子供が虫に刺された時の対処法!病院へ行く目安は?
レスポンシブ広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする